5分間瞑想

画像の説明
合計:940 今日:4 昨日:0

5分間くらい時間が取れる時は鼓動を感じて下さい

楽な姿勢で椅子に座り、目を閉じます

5分間位時間が取れそうな時は、鼓動を感じてみましょう

1分間くらいしか、時間がない時は1分間瞑想がありますが

1分間瞑想感謝の気持ちを感じる瞑想でしたよね

手はモモの上に置き、手のひらは自然と開いたままで結構です

私は手のひらの向きは気にしませんが、上に向けることをお勧めします

指も自然体がいいので、力を抜いて開いておきます

この5分間瞑想は、ヒーリング瞑想インストラクションと呼ばれている

1分間瞑想のアメリカの著名な瞑想の権威者チョプラ博士が提唱したメソッドです

世界中のエリートが、日々の隙間時間に実践している瞑想で

ビジネスの効率にも大きな成果を上げている瞑想方法です

目を閉じ、手をももの上に置き、指の力を抜いたら

意識を自分の胸の中心に向けます

この、胸の中心を第四チャクラハートチャクラと呼ぶのでしたね

鼓動の感じ方

鼓動の感じ方は、どの様に感じたらいいのか?と悩まないで

ただ、感じてください

として感じてもいいですし、体全体で何となく感じても大丈夫です

ポイントは、この様に感じるべきだという考えを手放して、ただ感じる事です

5分間瞑想の場合は1分間瞑想と違って、時間が充分にあります

ですから、感じる対象が複数個所に順番に移行しますので

この順番を覚えて下さいね

鼓動を感じる事が、なんとなくできたら、今度は意識を手の指先に移行します

画像の説明

手の指先に意識を向けます

目は閉じたまま、両手がどこにあるのかを感じてみます

両手は、モモの上にありますよね

そして、意識を手の指先に向けて集中します

更に、その意識が指先の鼓動を感じる様にしてみます

最初は、体全体で鼓動を感じる様にしてみますが

この様に、その次は鼓動を指先で感じる様にしてみます

始めは、指先で鼓動を感じる事が少し難しく感じると思いますが

指先にも、心臓から送られてきた血液が常に循環しています

大丈夫です。慣れてくればすぐに指先の鼓動を感じる事ができる様になります

指先に鼓動を感じる事ができたら、今度は再び意識を胸の中心に移行します

これまでの、意識の対象の移行順番を整理しておきますね

1、自分の意識を最初は胸の中心に向けます

2、次に、体全体か胸の中心で、自分の鼓動を感じます

3、その次に、意識を手の指先に向けます

4、手の指先で、自分の鼓動を感じるようにします

5、それができたら、再び意識を胸の中心に戻します

5分間瞑想ですから、チョット疲れた時に、一日に何度もできます

これが日課になれば、この5つの順番は自然と覚えていきますから

最初のうちだけ意識して覚える様にして下さい

この段階ができる様になったら、次に4つの言葉を心で唱えます

心の中で唱える4つの言葉

意識の5段階ができたら、心の中で次の4つの言葉を唱えます

その1 平和

その2 調和

その3 笑い

その4 

この、4つの言葉はスートラという意味のある言葉の一部です

別の章(ページ)で、マントラという、特段意味のない言葉を紹介しましたが

このスートラは、それぞれ意味を含んだ言葉です

<<<マントラについてはこちらです

胸の中心の、ハートチャクラを意識しながら

この、4つの言葉を唱えると、癒しの効果を得ることができます

目を閉じたまま、このスートラを心の中で1分間くらい唱えます

この時、口は動かす必要はありません

そして、自分の体の中で、どこか癒したい場所があれば

その場所に、意識を向けて集中します

すると、体の中の癒したい場所が癒されます

そうしたら、再び意識を胸の中心のハートチャクラに戻します

そして、再び4つのスートラを心の中で唱えます

自分の体の中で、別の癒したい場所があれば、その場所に意識を向けます

癒したい場所が、例えば3か所あるのであれば、この意識の移行を3回繰り返します

画像の説明

5分間瞑想の終わり方

今まで説明した手順で、5分間瞑想を実践すると

だいたい、5分間くらい時間が経過しています

その、終わり方ですが、その最後に1分間瞑想で締めくくると効果が倍増します

1分間瞑想=感謝の想起でしたね

胸の中心のハートチャクラに意識を向けて、もう1分だけ感謝の気持ちを感じて下さい

自分の置かれている今の環境で、感謝できるどんな事柄でも思い浮かべます

どんなに些細なことでも構いません

そして、1分経過したら、そっと目を開けます

この様な瞑想が、5分間瞑想=鼓動を感じる瞑想の概略です

少し、内容が複雑に感じた人は、あまり詳細にこだわらないで

5分間、ただ目を閉じるんだくらいな感じでやってみて下さい

何度も、この章(ページ)を読み返して、何度も5分間瞑想を繰り返していれば

自然と、そのうちに順番とかポイントが身に付いていきますので・・・

シェアーしてね♪

画像の説明