瞑想は心の科学

瞑想と聞くと座禅を連想し厳しい修行をイメージしてしまいます
これは日本の特徴ですが、決してそんな事はありませ
画像の説明
合計:447 今日:1 昨日:0

座禅や宗教色にこだわらない

瞑想から座禅のイメージ宗教色を排除した考え方がマインドフルネス瞑想です

この一般的な生活に近いイメージ(印象)が、マインドフルネス瞑想が最近話題になっている最大の理由です

昔からの一般的な瞑想も、マインドフルネス瞑想も大きな差はありません

瞑想という科学の力を活用して、自分の脳・心を自分でコントロールできるようになるという点では両者は同じ役割を持ちます

瞑想は、修行でもなんでもありませんから

こうしなければいけないという点は意外と少ないのです

日本でも多くの企業研修等で注目され始めています

瞑想の効果

・ストレスケアの観点

・やる気の向上

・生産性の向上

に繋がる事が科学的にも実証されています

企業の研修で瞑想を一度経験しただけでも

・心が落ち着いたり

・リフレッシュ効果を感じたり

こんな実感を感じている人が多くなってきています

でも、瞑想から得られる効果・恩恵は習慣化が一番大切です

無理なく習慣化していく

このサイトでは様々な瞑想のやり方を随時紹介していきますが

瞑想そのものは、それほど多くの種類がある訳ではありません

自分のライフシーンやご自身の目的に合った瞑想の取り入れ方を見つけて下さい

自分に合った瞑想方法が継続と習慣化に繋がっていきます

瞑想に費やす時間も、はじめは自分にとって心地よいと感じる無理のない時間で充分です

その経験の過程で、必ず気づく瞬間が訪れます

瞑想の効果を自分なりに実体験した時、自然と継続できる様になります

この積み重ねが瞑想を無理なく自然に習慣化するコツです

心ここにあらず

今の時代はストレス社会と言われています

様々な情報の洪水の中で自分を見失っている人も大勢います

本来、心身共に健康な人間は''今この瞬間''を生きています

でも、実際の毎日は今この瞬間に集中しないで

過去の失敗の想い出

・まだ起きていない将来の心配ごと

神経が散漫になっています

人間ですから、過去の失敗を思い出す事もありますし

将来の不安で熟睡できない時もあるのが事実です

でも、過去の想い出は変えられませんし

将来の不安も今この瞬間に何をするかにかかっています

当たり前の話ですが、人間は今しか生きられないのです

今に集中する為には心の休養・心のケアが必要になります

この点だけを考えても瞑想は心の科学なのです

画像の説明

その年の春に生まれたリスには冬の経験がありません

それでも、リスは厳しい冬に備えて、秋の時期は必至で木の実を収穫し、自分だけの秘密の場所にその実を隠して蓄えます

どうしてでしょうか?

もしかしたら、リスの親に蓄える必要性を教わっているのかもしれません

リスですら、自分が生きていく為の行動指針が本来備わって生まれてきています

人間は元々幸せを経験する為にこの世に生を受けていると僕は信じています

全ての人は、自分でもまだ経験した事がない様な無限大の可能性を生まれた時から持っています

その可能性に本人が気づいていないだけなのです

本来備わっている自分の可能性に気づくためにも心のリラックスが必要です

その為に僕自身は瞑想を毎日の生活に取り入れています

シェアーしてね♪

画像の説明

このワードプレステーマは大変便利です!

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

この様なサイトが簡単に作れます!>>>http://menotukare.wpcloud.net/

Taxi Driver-logo