瞑想の段階

画像の説明
合計:1126 今日:8 昨日:7

瞑想にはいくつかの段階があります

目をつむって、呼吸をゆっくり、深くしていると、段々と心が落ち着いてきます

そして、頭の中には色々な雑念が自然と湧いてきます

その雑念は、無理に押え込むものではなくて、湧いてきてもいいものだという

お話は別の章(ページ)で解説しましたよね   >>>心を空っぽにする

そんな、最初のステップで頭を休ませようと試行錯誤しているうちに

瞑想は、自然と次のステージに向かっていきます

瞑想は、只単に頭で何も考えないという状態ではないのです

最終の境地体験ゾーンもありますが、その境地を体験するまでには

いくつかの段階が存在します

そして、この段階(ステップ)は必ず順番通りにやってきます

更に、どんな人が行ってもこの順番と経験する工程数は同じです


先ずは、普段聞きなれない言葉の意味を理解しましょう

瞑想にはその進行につれての段階(ステップ)があるというお話ですが

この理解には、普段聞きなれない言葉の意味を理解しておく必要があります

その言葉は全部で6つあります

どんな言葉かというと

実践瞑想  Sweep Stage ともいいます 必ずこの段階からはじまります


 ・表層瞑想 実践瞑想の中の最初のステップ(段階)です


 ・中層瞑想 実践瞑想の中の次のステップ(段階)です


境地瞑想  Delight Stageともいいます 思考が一切消えてシーンとした静かな状態


 ・深層瞑想 境地瞑想の中の最初のステップ(段階)です


 ・至福瞑想 境地瞑想の中の次のステージ(段階)です

この6つの段階(ステップ)を順番通りに踏んで瞑想は進んでいきます

この章(ページ)で、その全てを解説すると

そのボリュームが相当に多くなってしまうので

一つひとつの段階の解説は別章(ページ)で解説していきますね

シェアーしてね♪

画像の説明