瞑想の時間

画像の説明
合計:1301 今日:3 昨日:3

瞑想は長ければ長い程効果があるわけではありません

それこそ。どこかの山奥にこもって修行している仙人ならばともかく

私たちの様に、何かの社会に属して生きている人間は

何時間も瞑想すること自体、現実的ではありません

今まで紹介してきました、瞑想に関する解説は、どれも時間的には

大変短いもので、1分間~30分間という内容の方法でした

各自、自由にそのスタイルや、方法、時間も決めて頂いて結構ですが

一回の瞑想時間の長さよりも、できれば毎日2回実践する方が

得られる効果は大きいと思いますし、その深まりを実感できると

実体験上、確信しています

私自身、1時間以上の瞑想は、瞑想をしていた様で

実は、後半の30分位は意識がなかった=居眠りをしていたという事が多いです

そういう訳ですから、瞑想に適した最善の時間というものはありません

あなたの、その時々の状態、状況に合わせて

自由に実践するのがベストだと判断致します

只、居眠り防止の為にも、これ以上はやめて活動するという時刻は

瞑想を始める時点で決めておいた方がいいでしょう

その際は、目覚まし時計やキッチンタイマーは避けた方がいいです

瞑想中の特に後半の時間帯は

心が空っぽになって、頭もスッキリしている状態です

そんな状態の時に、目覚まし時計やキッチンタイマーのベル音は

ちょっとうるさ過ぎます

瞑想用の音源がベストです

画像の説明

瞑想終了を知らせてくれる音源としては、瞑想チャイムの

チーンという鐘の音が個人的には一番いいと感じています

ちなみに、これは私が愛用している瞑想チャイムですが

40秒程度の長さの音源です

>>>瞑想チャイム

このチャイムは、販売者によると、7つのチャクラに合わせた音源がでるそうなのですが

今の私には使いこなせていないのが実情です

もっぱら、棒を軽く叩いてみて、自分好みの音の組み合わせを録音して

瞑想の終了予定時刻に、5分程流れる様に遊びながら工夫しています

神秘的な、意味のない音が瞑想には向いていると感じています

シェアーしてね♪

画像の説明