瞑想の心得       G

画像の説明
合計:874 今日:2 昨日:1

瞑想は頭の中で行うもの

瞑想は頭の中で行う作業です

ですから、あまりその外形にはこだわりはありません

色々な瞑想のやり方〈バリエーション)が世の中にはあるのも事実ですが

このサイトでは、一番標準的な方法を紹介・解説しています

瞑想をする際には、特に必要な道具類はありません

これから瞑想をするぞ・・・という意志

なるべく気が散らない静かな環境があれば、基本これだけで大丈夫です

座布団とかあれば、少しの時間座っていてもお尻が痛くならないと思います

別に、椅子を使ってもいいですし、ドライブの休憩として車内でも可能です

こんな感じですから、先ずは最低限の基本知識を身につけて

あまり、流儀とかにこだわらずに今置かれた環境でやってみましょう

その内に、あなたに必要な瞑想に関する情報が自然と近寄ってきます

その時に、自分にあった専門的なバージョンの方法を取り入れてみて下さい

瞑想はその場所だけでなく時間も自由です

瞑想する時は、その場所も特にルールはありませんが

瞑想をいつするのか?とかの時間についても特にルールはありません

あなたが、瞑想をしたいと思ったその時に始められます

又、どのくらいの時間座っていればいいのか?といった時間の長さも自由です

始めたい場所で、始めたいときに、好きなだけ(可能な時間)行っていいのです

画像の説明

気楽にはじめてみましょう

瞑想には色々な流派(バージョン)があります

超越瞑想、原初音瞑想、マインドフル瞑想・・・等々

有名な瞑想の他にも、瞑想を極めた方々によるオリジナルのバージョンが多数あります

どんなバージョンの瞑想方法も、瞑想を効果的におこなう合理的な目的があります

又、境地瞑想状態に入りやすくするための道具も各種販売されています

>>>境地瞑想についてはこちら

今は瞑想に関する、色々な情報が入手できます

このサイトでも、そんな情報に関しても、少しづつお知らせしていきますが

どんなバージョンでやるのかを迷うのではなくて

先ずは、気楽に初めて見ましょう!

静かな環境で、落ちつくかっこうで、息をととのえて、眼をつむります

ただ、それだけの事です

はじめから、絶大な効果を求めないで、難しく考えないで

先ずは、瞑想というものにTRYしてみましょう

それが、瞑想の心得の一番のポイントです

シェアーしてね♪

画像の説明