瞑想の回数

画像の説明
合計:582 今日:1 昨日:3

瞑想は心の掃除

瞑想を習慣化すると、心身におこる様々な効果に気が付きます

その効果を最大限に実感する為には、毎日2回瞑想するのが理想です

朝に1回、晩に1回、一日に2回です

どうして、この回数がいいのかという、理由を説明しますね

瞑想は心を掃除する作業です

心と言いましたが、それは思考と表現しても、感情でも構いません

この、思考、感情、心というものは、知らないうちに蓄積されていきます

起きて、活動している時は勿論ですが、眠ている間も、脳は活動しています

この、蓄積された感情が、その人のパターンを決めます

その人の制限を作ってしまいます

蓄積された感情や思考がその人を決めつけてしまう大きな要因になるのです

人はそもそも無限の可能性を秘めてこの世に生を受けて誕生します

子供はみんな笑顔で生き生きしています

制限がないからです

無限の可能性を感じる能力を失っていません

見るもの、聞くもの、手に触れるものすべてに新鮮さを感じとります

同時に、自然界の無限にある豊かさを本能で知っています

それが、大人になるにつれ、段々と自分の知識の世界に制限されていきます

成長しながら、感じたり、経験したり、思った事が蓄積されていきます

それが成長というものですから、この事自体に問題はないのですが

本来持っているはずの、宇宙のパワーを感じなくなっていくのは問題です

人の脳は、人間が思っている以上の壮大な能力があります

画像の説明

普段の生活で、眠ている時も、起きて活動している時も

どんどん溜まっていく、この感情、思考、心を一日に2回

掃除してあげる事が、瞑想の効果を最大限に得る一番の方法です

知らないうちに溜まってしまった感情を掃除して

自分を制限している鎖を外して

宇宙の無限の可能性が入ってくる余地を確保して下さい

人は、チョットした事で、クヨクヨしたり、落ち込みます

瞑想による心のお掃除は、瞑想の力を借りて、一日2回が理想的です

朝の瞑想

朝の目覚めと同時に、1回目の瞑想を行います

眠っている間に、心に溜まった思考や感情を掃除します

そのことによって、心にスペースが空きます

そのスペースに本来持っていた、無限の可能性を呼び戻します

あらゆる可能性、選択肢が開かれていきます

・創造性


・インスピレーション


・シンクロニシテイー

朝の瞑想は、この様な瞑想効果を日常生活で

体験できる様になりやすくなります

夕方から晩にかけての瞑想の実施

朝起きて、一日中活動していれば、感情も思考もだんだんと溜まっていきます

その日、体験した出来事や出会った人たちから影響を受けます

心のスペースが、小さな自分の判断基準で再び狭くなっていきます

このスペースを、瞑想によって、再び空けて、無限の可能性や選択肢が

入ってこれる様に掃除します

そして、上記に挙げた創造性などが発揮しやすくなります

2回目の瞑想は、この他にも効用があります

・一日の疲れが取れて、リフレッシュできる


・眠るまでの時間を心地よく過ごせる


・スムースに入眠できる


・睡眠の質が向上する

そして、夜の瞑想は、次の日の行動にも好影響をもたらします

顔を洗ったりする習慣の様に、瞑想も習慣化して

瞑想による様々な効果を実体験すると

一日=2回の瞑想が欠かせなくなっていきます

最初は、瞑想をはじめるのにエネルギーを使いますが

その効果を実感していくうちに

瞑想をするのが楽しみに変わっていきます

あなたも、できる範囲で、はじめてみて下さい

シェアーしてね♪

画像の説明