瞑想と直感力

画像の説明
合計:1677 今日:3 昨日:6

直感が研ぎ澄まされて、決断力もUPする

私のケースですが、何かがフッと頭に浮かぶという形だけでなくて

何か根拠のない自信とか、何故かワクワクする気持ちとか

同じ様に、何故か気持ち悪い感覚とか、理屈ではない、感覚的な形で体験します

後で振り返ってみて、しみじみ感じる事も多いのですが

必要なタイミングで体が動いていたり、逆に動かなかったりという

自分の身体面に現れる場合もあります

日々の瞑想を日課としていると、起きている間、この直観力が

どんどん、研ぎすまされていくのを実感できます

睡眠が不足していたり、何かの都合で瞑想をサボってしまった時は

確実に、頭がボーっとしているので、この直感も働いてくれない様です

この直観力が、間違いなく、迷う事無く決断力を高めてくれます

目的の本が本屋さんの本棚ですぐに見つかる

探していた本が、本屋さんに入ってすぐに見つかる時は、直感力が冴えています

私は、何処へ行くにしても、普段自分で車を運転するのですが

冴えている日は、信号のつながりが非常にいいです

どっちの方向に行っても、全く知らない街でも青が続きます

その日の夜、友人と飲みに行くときは、バスや電車にお世話になりますが

事前にその時刻を調べたわけでもないのに、バスや電車のタイミングが合います

そんな、些細な事例(経験)ばかりですが、日常の色々な場面で

直感力の恩恵にあづかっております

こういう一面を利用して、宝くじを買おう等とは思いませんが

自分の心身の状態や、脳(頭)のクリアー度を測る一つの目安にしています

画像の説明

オーストラリア大陸のアボジリニ文明

昔、アボジリニ文化にとても興味があって、関連書籍をよく読みました

オーストラリア大陸の先住民ですが

この方々は全ての人が神(宇宙)と繋がっています

コンビニや携帯や電車や鉄筋の建物や贅沢な衣服等とは無縁の暮らしができます

文明の歴史の恩恵を欲する事無く、自然のなかで悠々と生きています

灼熱の荒野の中で、靴だってはきません

それなのに、みんなが幸せをわけあって生きています

職業もきちっとあって、医者だっています

例えば、お医者さんは、患者さんの患部にその手を当てるだけで傷が癒えます

日常生活では、お腹が空いたと念じれば、目の前に大きな蛇が出現します

喉が渇けば、目の前に水源が現れます

こういう、先住民の話と比べると、私の直観力などたいしたレベルではありませんが

きっと、アボジリニの方々は、瞑想に近い行動習慣をお持ちなのだと思います

この章(ページ)のテーマの、直感力とはちょっと違いますが

私たちが生を受けている世界は、実は富であふれているのではないかと

真剣に感じる瞬間があります

今、ないものばかりに意識が向いてしまいがちですが

実は、全てその人に必要なものはすでに、いつも用意されているのです

その事に、本人が気づいていないだけなのかもしれません

シェアーしてね♪

画像の説明