瞑想と悩み

画像の説明
合計:550 今日:1 昨日:2

解決できない悩みはない

悩みの問題に関してですが、私は基本的に解決できない悩みはない

普段から、そう考えています

それは、どういうことかといいますと・・・

例えば、今の私に、日米の貿易に関する問題は降りかかってきません

それは、多分総理大臣の仕事です

同じ様に、バッティングの打率の課題も課せられません

これは、イチロー選手の課題です

でも、子供の教育に関する悩みは発生します

それは、私に可愛い子供がいるからです

同じ様に、どんどん歳をとっていくにつれての、今後の経済の悩みもあります

それは、私が家族を持っているからです

この章(ページ)は、瞑想と悩みというタイトルですが

瞑想をする事によって、全ての悩みが解決するという魔法みたいなお話を

お伝えする訳では決してありません

瞑想活用して、悩みを解決しやすくなる理由についてはお伝えしますが

画像の説明

悩みとは、いったい何のか?という事に関して

先ずは、じっくり考えてみたいと思います

先に、お話しました様に、その人に降りかかってくる問題が

解決していなかったり、解決するのに時間がかかりそうだったり

解決そのものが難しそうだったりした場合に、人は悩みます

特に、その悩みの原因が、自分一人に関係してしている場合は

その対処は比較的簡単、シンプルですが

自分以外の他人が関係している場合は、事が厄介です

例えば、肥満が悩みの場合は、自分でコントロールしやすいですが

対人関係の悩みの場合は、自分以外の相手がいますから

その解決は、難しい様に感じます

でも、基本的に、自分が抱えている悩みは、その人の今までの経験上で

全く、携わった事がない事象に関連しては、絶対に起きないと思っています

自分が、一度でも関わり持ったり、経験した事に関連して

悩みは発生するものです

ですから、今は未だその課題に未熟な段階でも、いずれ場数を踏んだり

経験値が上がっていけば、自ずとその課題=悩みは解決方向に向かう

普段から感じています

そういう意味合いで、その人のとって、今抱えている悩みは

必ず解決できると私は考えています

画像の説明

悩みは脳に余裕がなくなってる状態で起こる

中途半端な解決状態の悩みが溜まっているのが

悩みを解決しずらくしている根本的な原因です

脳の余裕といいましたが、言い換えると

脳の余白といった方が、この場合はもっと解りやすいかもしれません

脳には常時、余白があった方が、人は余裕で物事を考えられます

この、余白がないと、脳は窮屈感を感じてしまいます

中途半端に処理している悩み事が溜まっていくと

一つひとつの悩みは、それ自体大した事がない問題でも

どんどん、頭の中が窮屈になっていきます

脳の空きスペースが狭くなってきている状態ですから

画像の説明

単体で小さなことでも処理できなくなっていきます

大きな問題も、小さな問題も片付かないまま

頭=脳は常に中途半端な処理状態の悩み=思考を

抱えたままの状態になります

この状態そのものが、悩みを解決し難くしている根本的な原因です

そこに、往々にして、新たな問題がやってきます

そうすると、ただでさえ溜まっている状態なのに

さらに、問題が重なった状態で、上に上にとその高さが高くなっていきます

この状態は最悪です

単体で、その悩みが解決でそうなのか?少し難しいのか?

これは、その悩み。課題により難易度はまちまちですが

それは、一つひとつ、じっくり対処するしかありません

私もそうですが、この様な頭の状態の時は、先ずは脳に余白を作らないといけません

理想は、この様な未解決の悩みを、中途半端な状態で貯めない事ですが

先ずは、頭の中、脳の中を整理整頓してあげる手順が最優先です

この、脳の空きスペースという概念を意識して欲しいと思います
画像の説明

あなたの机の上はいつも綺麗ですか?

頭の中と、机の上は一緒です

どこかの章(ページ)で、自分の事を告白しましたが

私は、基本的日常の私生活がだらしなくて、気が付くと作業机が乱れます

書類とか、郵便物とか、やりかけ途中の物が溜まります

そうすると、使用可能スペースがどんどん狭くなっていきます

当然ですが、仕事の効率も落ちますし、物探しに時間が何倍も掛かります

この様に、机の上と、頭の中の状態は一緒です

いつも、整理整頓が理想的で、何かひとつの事を成し遂げたら

すぐに次の仕事に着手しないで、先ずは片付ける習慣が必要になります

瞑想は頭の中を整理してくれます

s_bike-1534902_640 (1)

ここで、やっと悩みと瞑想のお話ができますが

今までお話してきました問題を

瞑想が手伝ってくれます

瞑想して、脳の空きスペースを増やしてあげれば

新たな課題、悩みが出現しても

そんなに重い気分になりません

気楽な気持ちで対処できますし、創意工夫する余裕も生まれます

私は、人の能力は大体一緒だと思っています

努力する、がんばる力もそんなに違いはないと思います

只、その人の机の上が片付いているか、いないかの差です

そして、同じ人でも、机の上が片付いている時の方が

何十倍も使用可能スペースは広いのです

瞑想の効果は、悩みそのものに対して

何か有効なアイデアが出る、といった直接的なものではありません

今まで説明してきた、脳の空きスペースに関係があります

瞑想によって、頭の中の空きスペースをいつも広々と保てます

そうすれば、心に余裕が生まれてきます

心に余裕があると、同じ悩みに対しても対処の姿勢が違ってきます

心に余裕がない時 まいったなー、困ったなー


心に余裕がある時 やりがいがあるぞ!、何とかなるさ!

瞑想を日課にして下さい

悩みは劇的に減っていきますから・・・

シェアーしてね♪

画像の説明