瞑想と効率

画像の説明
合計:525 今日:1 昨日:1

自然とゴールに導かれる

これは、チョット不思議な話に聞こえるかもしれませんが

瞑想を日々の日課として生活するようになると、

・知らず知らずのうちに目標が達成できていた

・そんなにあくせくしなかったのに、欲しいものが手に入った

この様な感覚を時々感じる事があります

普通、目標の達成のためには、

1、明確な目標を設定する

2、大まかな行動計画を立てる

3、1ヶ月~1週間~1日の行動計画に落とし込む

4、行動する

5、振り返る

みたいな、結構詳しいプランをたてたりします

そもそも、なかなか達成しそうにない目標だから、手に入れたいわけで

簡単に達成できる事は、最初からその事を目標にはしません

けれど、あんまりその達成に固執して、毎日の表情が暗くなっても

頑張っている割には、意外となかなか目標は達成しないのも事実です

瞑想の効用ですが、瞑想を日々の日課として親しんでいると

その目標に対して頑張っている自分そのものの存在を客観的に眺める

そんな、心の余裕みたいなものが生まれます

がんばっている自分が愛おしく感じるというか、時には頑張り過ぎている自分が

滑稽に思えたりもする、どこか自分自身を俯瞰する様な、そんな気分になれます

>>>俯瞰とは

明確な目標の立案は大事ですし、おおまかな行動計画も勿論必要です

でも、その後は地道に行動しながら、その達成具合をあまり気にしません

所詮、自分ごときがはじめて挑戦する課題です

最初から、すべてが上手くいって、全てOKなんてことには展開しません

でも、瞑想を継続しながら、こんな風に頑張っていると

あとは自然とゴールに導かれていた・・・

という感覚で、目指していたゴールに到達していることが時々起るのです

瞑想は仕事、日常生活の色んな行動を効率化する

瞑想をすることで、平常心が養われます

瞑想をする事で冷静な判断力も身につきます

この能力は、未来を予測する力にも繋がり、直感が冴えてきます

そして、色々な場面でタイミングが合ってきます

こんなお話は、他の章(ページ)でも随所で解説していますが

この様な効果が影響して、仕事場や日常生活の色々な場面で効率が良くなっていきます

その時の自分にとって、必要なできごとが起きて

あまり、必要でないできごとは起きにくくなていきます

自分の事は自分でコントロールして、その行動に責任を持つのは当たり前ですが

それと同時に、もっと上の方から何かに見守られていて

その何かが、色々と目標の達成の為に、世話してくれている様な感覚です

無駄な動きが全くなくなるわけではありませんが、そういう動きが減ってきて

自分自身が、以前の様にあくせく行動しなくても

周りの人たちが助けてくれたり、色々な出来事が素早く進行したりして

そんな、状況がすべてかみ合って、目標が成就しやすくなります

画像の説明

頭であれこれ考えるのではなくて、直感で行動できる

胸騒ぎとか、虫の知らせを体験した事はありますか?

人は結構科学的な分野を信頼して、その行動も理屈っぽくなっていきます

でも、本来は人はもっと謙虚で神秘的な生き物でした

私は、今でも、この直感みたいなものを大切にしています

殆ど無意識化で行われている、この感性は全ての人間に本来備わっています

やらなくてはいけない!

行かなくてはいけない!

という問題が切羽つまっていても、何だか気持ちが乗らない時があります

やらなくてはいけないのに、何だか行動する気になれない事もあります

そして、後になって

やらなくて良かった♪

行かなくてかえって良かった♪

と、思えるような出来事があるものです

往々にして、こういう時は、直感力が冴えていて、理屈ではない

何かに導かれている感覚を経験するものです

全て頭で考えて、計画を立てて、その通りに実行して・・・

こんな頑張り方も王道で、私も基本こんな風に頑張って生きていますが

瞑想を継続しながら、直感力が冴えてくると、明確な目標設定と

大まかな行動計画だけで、あとは自然とその達成に導かれていくという

不思議なプロセスを信じる事ができる様になりますし

途中でなにか問題に直面しても、渋い顔をすることなく

さわやかな態度で、問題に対処する事ができる様になっていきます

あなたも、できる事からはじめて、瞑想を身近に感じてみてください

シェアーしてね♪

画像の説明