最も簡単な瞑想

自分の呼吸を意識した事はありますか?
画像の説明
合計:512 今日:2 昨日:2

自分を内省し外の世界を受け入れる

瞑想と聞くと、自分一人になれる空間や、姿勢や瞑想に費やす時間等が気になりますが

何も、そんなに難しく考えなくても、充分に瞑想メソッドは実現できます

自分の時間が充分にあって、自然豊かな場所で、普段のしがらみから離れられる場所に行ければ

一番都合がいいのですが、中々忙しい毎日では、この様な場所で

自分一人になれる環境を持つのは難しいものです

瞑想を象徴する写真には、人が大自然の中で、静かに座っている風景を見かけますが

日常生活では中々実現し難いのも事実です

人は、自然の中に身を置くと自分という存在と外の世界を無理なくに分けて感じる事ができます

少し難しい表現になりますが、自分を内省する事で外の環境を受け入れ易くなります

まさしく、この状態が瞑想の本質なのですが

普段の生活でも、簡単に瞑想メソッドを体験する事は可能です

本の少しの時間でも、意識して外の世界に目を向けてみて下さい

意識しながら、散歩するだけでもいいのです

今まで気付けなかった事を発見したり、子供の笑顔にハットしたりします

僕は、本当に横着なので、チョットした買い物に行くにも、車で行くことが多いのですが

この、自分を内省して外で起きている事を受け入れる事を意識する為に、わざわざ歩いて

目的を達成する事も、時には心がけています

呼吸に意識を向けてみるだけでも充分です

画像の説明

瞑想において、心を穏やかにしたり、自分の内側を意識したり

今という現在に意識を集中する事は大変重要なのですが

これは、脳の酸素効率を上げる事が目的です

この、脳の酸素供給効率については、少し詳しい説明が必要ですので他の章で解説します

この事を覚えておけば、何も自然の中に身を置かなくても、散歩に出かけなくても

もっと簡単に、瞑想のメソッドは感じることができます

どういう事かと言うと

自分の呼吸に意識を向けるだけでいいのです

普段、人間は自分の呼吸を意識して生活していません

心臓の鼓動や、食べ物の消化活動や、呼吸などの活動は、人の意識が働いているメカニズムではなくて

別の神経経路で、無意識のうちにその動作が進行しています

呼吸と言うのは、自分の内側でおこなっている行動で、自分で主体的には普段は行っていません

だから、怒ったり、悲しんだり、驚いたりした時は、自分が意識しなくても、呼吸が早く、浅くなります

通常は、深呼吸という言葉の様に、意識して呼吸を深く長く意識してみます

これだけで、自分を内省化している事になります

自分が何か外の世界の出来事に振り回されているな・・・と感じたら

一旦、少し休憩して、自分の呼吸を意識してみて下さい

人は、大抵の場合、何かに反応して毎日生きています

誰かに褒められた時は嬉しくなり

反対に、誰かに叱られた時は、ガッカリします

この様に、外の出来事と自分の感情がくっ付いてしまっている時間が多いのです

自分の呼吸に意識を向けてみるだけで、いつでもどこでも、瞑想のメソッドは簡単に体験できます

この話を思い出したら、会社に向かう電車の中でも応用が利きます

軽く目を閉じて、自分の呼吸に意識を向けてみて下さい

きっと、瞑想のメソッドが体験できますので・・・

シェアーしてね♪

画像の説明

このワードプレステーマは大変便利です!

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

この様なサイトが簡単に作れます!>>>http://menotukare.wpcloud.net/

Taxi Driver-logo